アスカガ感謝祭

大人のキス

 

【大人のキス】

 

 

 

【大人のキス】

 

 

 

 

『ね………………』

 

今日は遊びに来たミリアリアとラクスとでお茶会をしていた。
いつものように………夕御飯はアスラン含めて………その後からのお菓子パーティーだけど。
お手洗いに………席を外したラクスが部屋から出ていくと、ミリアリアが尋ねてきた。

 

『ザラくんって………いつもあんな感じなの?』

『ぇ………あんな感じって………』

 

ミリアリアの言葉の意味がわからず、思わず反芻する。

 

『………アークエンジェルにいるときは、もっと………緊張感………かな?
あった感じがして………』

『………そうかぁ?』

 

思わず誤魔化したけど………
………それは………
私もアスランに感じていたひとつだった。

キラが………さまざまなショックを受けて、寡黙になってしまったのは理解出来ていた。

でも………アスランのは………
周りの環境に溶け込もうとしても、否応なく浮いてくるのだ。
それは本人も自覚があるのか………人前に出ようとしない。

ナチュラルの中で生活することに慣れていないから………そう、ヒトは揶揄するけれど………

 

 

そう………ではない。

 

 

キラ同様………高い能力を身につけたアスランは………
立ち振舞いからもしかり………
ちょっとした動作でも………目立ってしまうのだ。

 

 

.

 

 

『カガリ………どうにかしてあげなよ』
………ディアッカの友達の銀髪つり目野郎に掛け合って………
プラントの仕事をオーブに発注させて、そこでザラくん働かせたり………とか

 

適当なことを言うミリアリア。

 

 

アスランは………何を欲しているのだろう。
わからない。

 

 

でも………
でも、私はアスランと共にいたくて………

 

………わたし……が……

 

アスランから自由を奪って………

 

『ね………………』

『なに?』

『ディアッカと、いつも何してるんだ?』

『!?何………って………』

 

ミリアリアが口を開きかけた時………

 

『ただいまですわ』

 

ラクスが戻ってきた。

 

 

.

 

 

………私は………
アスランを閉じ込めちゃっているのかな?

 

私の肩を揉んでくれたり、送迎したりしてくれるアスラン。

 

『ね………………』

 

ソファーに座って本を読む彼の背後に近付き、後ろから抱きつく。
彼の胸に落とした私の手に………彼の熱が少しだけ伝わる。

 

『どうしたのカガリ………』

 

新緑の揺れる木立を思い出させるような………翠の瞳は柔らかく………
私をいつもどきまぎさせる。

 

『キス………していい?』

 

『いいよ………』

 

 

………私からしたいのに………

 

頭を傾けたアスランは、私の唇にそっと触れる。

 

柔らかな感触………

 

ためらうような………優しい………キス。

 

 

私は………違うキス………したいのに………

 

………ミリアリア………

 

 

私、まだ………させてもらえないよ………

 

………私からの………

 

 

大人のキス

 

 

アスランを私につなげ止めておくには………どうすればいいの?

 

 

20101230-209【大人のキス】

 

 

 


 

【編集後記】

 

あわせて読みたい
終わらない仕事 【終わらない仕事】 私………な……… ...

https://ath.tokyo/blog/i-will-be-by-my-side/

https://ath.tokyo/blog/brand-new/

あわせて読みたい
main(サイト内分類目次っぽいもの) こちらはガンヲタnejiがお届けする簡単節約とヲタク生活をすすめるサイトとなります。 メインで更新を行うページは呼吸するよ...

 

 

 

 

 

20180320ねじ

 

心が疲れている方へのアスカガ
 

絶賛!!告白中!!
学生パロディ。カガリがドーナッツ屋さんで勉強していると声をかけてくる人物が。

 

Black or Whiteシリーズ|かがりinくるーぜ隊シリーズ
各シリーズをまとめたリンク集です。気になるお話は見つかるでしょうか。
 

刻の中のLANDSCAPE
血のバレンタインが起こった2月14日。プラントを公式訪問するカガリ。
 

 


 

error: Content is protected !!
テキストのコピーはできません。