運命後,捏造,

Berry*Berry*Milk

 

 

 

【Berry*Berry*Milk】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近………カガリはバタバタしている。
理由はわかっている。
ユウナ・ロマ・セイランとの結婚式(キラに防いでもらったが………)はセイラン家が陣頭指揮をとったが………

 

『みんなに喜んでもらえるような式にしたいんだ!!!』

『………みんな?』

『ぅ……うん………。ほら………色々みんなに迷惑かけたし………さ!!!』

 

にっこり笑ったカガリの瞳の下には………疲労がたまっていることを物語るように、クマができていた。

久々に休みが合ったのに………
とてもベッドで彼女と楽しもうと言う気分にはなれなくて………

 

『ぁ……?』

『なに?』

『ぇ………えっと………』

 

腕の中でもぞもぞ動くカガリ。
キングサイズのベッドの中、俺はカガリを背後から抱く。
カガリの言いたいことはわかっている。
緊張した………彼女の身体から伝わるこれからの展開を期待する派手な鼓動。

 

『寝よう………………』

『でッ………でも………』

『今日は何もしないよ?おやすみ、カガリ………』

 

彼女の耳たぶにキスを落とし、俺は彼女を抱き締めて………眠りに落ちたフリをする。

 

 

………そうするしかないだろ?

 

目の下にクマを作っているカガリを抱くなんて………

 

 

………そこまで俺、鬼畜じゃないさ

 

 

.

 

 

 

『………』

 

 

1週間はあれからたった。

1日だけ………カガリの目の下からクマは去った。
でも、翌日からまた………少しずつ………
我慢できなくて、俺は電話をかける。

 

『教えてください、キサカさん!!!』

 

 

………当然だろ?

 

彼女を拘束するつもりはないけど………

 

仕事のスケジュールがそんなに混んでいるのに、更に式の準備なんて………

 

 

独りで準備をやりたがっているカガリだから。
止めなくちゃ………

 

『………今週も来週も………週半ばの首長会だけ?』

 

………カガリ………

 

 

結婚式に何を準備しているんだ?

 

 

.

 

 

 

『あら、アスランくん』

『お久しぶりです…ァ……フラガ夫人』

『今、一瞬、【ラミアス艦長】って言おうとしたでしょ?』

『………』

 

つい………図星だったから………眉をひそめてしまった………
気を取り直し、俺は本題を尋ねる。

 

『先日までカガリがこちらに来ていたと思いますが………』

『えぇ………』

 

にっこり笑いながら彼女は答えてくれる。

 

『カガリは何を知りたかったんですか?』

『知りたい?』

 

明らかにからかいたそうな口振りに………アスランは大真面目に返事をした。

 

『言って………いいのかなぁ』

『お願いします!!!教えてください!!!』

 

はぐらかしそうなマリュ―の両肩を掴み、懇願すると………

 

 

『なんで俺のかみさんのスリーサイズをザフトのがきんちょに教えなきゃなんないのよ?』

 

奥から子供を肩車させた………亭主のムウ・ラ・フラガが出てきた。

 

 

.

 

 

 

『ん―…』

 

 

アスハ邸の広いキッチンで、カガリは何本ものワインとにらめっこしていた。
ワイン原産国名は全て【オーブ】。
キッチンの両開扉が開く。

 

『マーナ………乾杯の時はこのシャンパンにするよ………席札代わりのワインはやっぱり………』

『………やっぱり……?』

 

肩に腕が回る。
薄い………傷痕をなんとなく探してしまう………

 

『………キミは毎日ひとつひとつ全て自分で選んでいたのかい?』

『あ………アスラン………』

 

私が………疲れているのを知って………抱くことすらしないアスラン。
馬鹿なこと………とは言わず………咎める、強い語調でもない………

 

『キミが各国の列席者をオーブ原産のモノで喜ばせたいのはよくわかるよ。だけどね、カガリ………』

 

 

キミだけの結婚式じゃないんだよ?

 

 

『俺にも手伝わせてよ………カガリ』

 

 

.

 

 

 

天涯孤独のカガリ

 

 

彼女が頑張っているのはわかった。

父親しか居なかったカガリは、家に仕えるマーナしか………見ていなかった。
妻………とはどういうものか………
結婚式………とは、どうしたらいいのか………
調べても調べても答えが出なかったのだろう。
シモンズ主任やラミアス艦長に教えてもらいに尋ねていた。

列席者に振る舞う料理もお酒も………
カガリなりに………コンペ形式で平等な条件にした。

………数年前、セイラン家が行った入札方式ではなく………

 

 

オーブの………二度目の傷が癒えた頃、カガリは未亡人となったセイラン夫人を看取った………
遺された書類の中に、結婚式披露宴パーティーに大量の裏献金が、オーブを支える主だった企業がセイラン家にしていたことを知り………カガリは、瞳を赤くして泣き腫らしていたのを、今でも憶えている。

 

 

.

 

 

天涯孤独の俺………

 

 

厄介者とレッテルさえ………貼られた俺を………

 

勝手な行動をして、キミを哀しませた俺………なのに………

 

 

俺が………無意識に欲していた………家族………

 

 

キミは………そんな俺の伴侶になってくれるの?

 

俺にはキミから与えられた地位しかない。

 

キミが守ってくれた未来しかない。

 

 

なのに………

 

 

………キミは

 

 

もっと開ける別の道があるはずなのに………

 

………その身も、心も、全てを………

 

何もない俺に

 

 

………捧げてくれるの……?

 

 

 

.

 

 

 

『幸せものだね………アスラン』

 

『………ぅん』

 

合同婚約会見後………

プラントに戻ろうとするキラは俺にそう囁いた。

冷静になればなるほど………
なんでカガリは俺を選んでくれたのかわからなかった。
最近の俺は………彼女よりも………
彼女から任された地位に、怪我する前と同じ身体の状態で就き続けるのに………必死だったから………

 

『何があっても………アスランはアスランでしょ?』

 

ラクスに言われ、思わず俺は苦笑する。

例え………俺のモノにカガリがなったとしても………
カガリはカガリで………
国母として………いるってこと?

 

 

.

 

 

 

『できたかい?カガリ?』

『あと三枚………』

 

俺は机に重ねた席次表を整えた。
終わったぁ………と、大きく伸びをするカガリの頭をそっと撫でる。
カガリが最後までこだわった………手作りのボトルワインの席札も、手作りの席次表も………ようやく完成した。

束ねて、20枚ずつ紙テープで止めて箱につめる。
俺は………なんかくすぐったい気持ちになる。
思わずカガリを抱き締めて………
耳元で囁いてしまう。

 

 

『予行練習………してもいい?』

 

 

.

 

 

 

………アスラン………

 

予行………練習に、なってないよ………?

 

 

神父サマは………

 

………病めるときも、健やかなるときも………でしょ?

 

 

『必ず………幸せにするから………』

 

私の指に通される………婚約指輪同様、新たな輝きを放つ真新しい指輪。

 

『………うん』

 

 

………私は………幸せにならなくてもいいの………

 

貴方の………貴方だけがもっている優しさ………

 

 

………それを感じていられたら………

 

 

………他には何もいらない

 

 

僅かに首を傾け………細める翠の瞳を受け、私達はお互いを確かめ合うように、唇を重ねた。

 

どんなに辛くっても………

 

どんなに泣きそうでも………

 

 

貴方となら分かち合える。

 

だってほら………

 

キス………するたびに濃くなっていく………

 

 

胸に広がるのは………

 

 

ベリーミルクの淡いカクテル………

 

 

20101024-177【Berry*Berry*Milk】

 

 

 

【編集後記】

 

main(サイト内分類目次っぽいもの) こちらはガンヲタnejiがお届けする簡単節約とヲタク生活をすすめるサイトとなります。 メインで更新を行うページは呼吸するよ...

 

はつかねずみの捕獲 【はつかねずみの捕獲】 『………どうやって食べるんだ?』 アイスコーヒー...

https://ath.tokyo/blog/the-mechanism-of-the-mouse/

学生パロディシリーズ こちらは二次小説ブログサイトのお話をいくつかピックアップして見やすくしたものです。 今回は【学生パロディシリーズ(略して学パロ...

アスランとカガリ(キラとラクスもか?婚約発表と一緒に合同結婚式も勢いで行いそう・・・)の結婚式準備話。

 

 

2010年10月24日投稿していたみたいだから、アスランの誕生日記念で書いた作品かな?

一時フォレストページ閉鎖したあとは10月から3月までしか投稿していなかったから(苦笑)

 

超マイペースだよね。

 

心がときめきたい方へのアスカガ

蠍座と乙女座の因数分解
蠍座と乙女座の平衡定数のパロディ話。一発ギャグが大量に書かれています。
early summer rain
学生パロディ。本が好きなカガリとアスランの話。
Black or White-晴れ間の向こうに-
本編沿いの話。保たれた平和の中で、コペルニクスの幼年学校の同級生と出会ったキラとアスラン。
結婚式の招待状を送ると言われてしまう。

 

心が泣きたい方へのアスカガ

【fuzz connection】第四部
社会人パロ。学生時代から交際していた30代のアスランとカガリ。カガリの行いをきっかけにアスランとカガリは別れてしまう。
………Lost Paradise
本編沿い。SEED25話前後の内容。アスランの回顧録。
ガンダムSEED、SEEDDESTINY本編沿いのお話。
各シリーズをまとめたリンク集です。気になるお話は見つかるでしょうか。

 

20180313ねじ

 

 

error: Content is protected !!
テキストのコピーはできません。