アスカガ感謝祭

かがりinくるーぜ隊 04 $クルーゼ$


 

【かがりinくるーぜ隊 04 $$】

 

 

 

 

 

 

 

『入りたまえ』

ノックの音に返事をすると、・ザラとカガリ・ユラが入ってくる。

 

『ご苦労、アスラン』

『はっ……』

藍色の髪の少年兵は敬礼をして退室する。

 

『食事は口に合ったかな?………』

『はい。美味しく頂きました。クルーゼ隊長』

『………そうか』

マスクをつけている隊長は、瞳部分が見えないので………その微笑んだ唇の形からしか機嫌を判断しなくてはならない………

 

………何を………拒絶しているんだろう?

 

カガリは、彼の顔を見ていると………色々な想像が入道雲のように沸きだしてくる。

 

例えば………

 

 

.

 

 

 

例えば………

 

マスクの下の素顔は………

 

鮮やかなピンクのアイシャドウに縁取られた、ペールブルーの瞳………

長い睫毛には、銀色のラメがキラキラ輝いていて………

 

はッ………ちがうちがう………

例えば………

 

 

.

 

 

 

例えば………

 

マスクの下の素顔は………

 

焼け爛れた赤黒い肌………

義眼の瞳は赤く、クルクル回転して、乗員の把握に努める。

彼の見えるものは………生きているものだけとは限らない。

たまに言う独り言は………

あちらの世界への交信している姿………。

姿が見えない時は………輝く………まるで……電飾灯のような……赤い全身タイツを身に纏って、宇宙を駆ける………

 

例えば………

 

 

.

 

 

 

例えば………

 

マスクの下の素顔は………

 

大きなクマドリはまるで、中国歌舞伎の様………

しかし、近づいて目を凝らすと、花鳥風月の細かな紋様が描かれていて………今にも飛び立ちそうな鳥達………

背中に描かれた刺青も、まるで、歴史書に紹介されるような仏教の世界観が厳かに広げられていて……

 

例えば………

 

 

.

 

 

 

はッ………ちがうちがう………

 

はッ………ちがうちがう………

 

はッ………ちがうちがう………

 

ひたすら頭を左右に振って邪念を追いやるカガリ。

 

『…………君は』
ヒトの話を聞いているのか?

すでに………毛色の変わった人間と認識しているから………どうだっていいんだが………

 

コーヒーをすすりながら、相変わらず、クルーゼはマイペースだった。

 

 

.

 

 

 

『………なぜ君は偽名をわざわざ使った?』

クルーゼの問い掛けに臆せず、カガリは答える。

『………気紛れです』

口の端をわずかに歪めてこぼす笑いに、カガリは馬鹿にされたような気になる。

 

『………お嬢様な発言だな………君の正体が知られなければ、どんな名前を使おうと、確かに気にはしないからいいがな………』

 

唇の歪みは変わらない。

 

『……わかりました』

これでも、自分よりは上官なんだと言い聞かせ、カガリは自分の感情を沈める。

 

『そうそう……護身用にこれを渡しておこう』

クルーゼは机の上に直径1センチ程のボールペンみたいなものを置く。

『スタンガンだ………使い方はわかるな?』

『………はい』

『赤服連中に使ってもたいした効果はないとは思うがな………もしもの時はこれで目を覚ましてやりなさい。』

『………はぁ』
………効果ないんじゃないの?

『深いコミュニケーションは程々に………な』

 

 

.

 

 

 

 

.

 

 

 

 

.

あわせて読みたい
かがりinくるーぜ隊 05 $ラクス$ 【かがりinくるーぜ隊 05 $ラクス$】 『こん...

 

 

 

【編集後記】

 

心が疲れている方へのアスカガ

絶賛!!告白中!!
学生パロディ。カガリがドーナッツ屋さんで勉強していると声をかけてくる人物が。

 

Black or Whiteシリーズ|かがりinくるーぜ隊シリーズ
各シリーズをまとめたリンク集です。気になるお話は見つかるでしょうか。
刻の中のLANDSCAPE
血のバレンタインが起こった2月14日。プラントを公式訪問するカガリ。

 

 

 

他のジャンルの友人が(今は戦国無双夢小説がメインなのか?)、Dグレジャンルで書いていた時、○○と過ごす1週間というテーマで書いていたので、真似して書いたもの。

【クルーゼ隊と過ごす一週間】というテーマで書きました。

 

 

当時投稿したときに、アデス艦長で大いに仲間内で盛り上がったのを記憶しています。

結局、1週間・・7日間ではなく9日間連載になってしまいますが・・・

 

 

どうぞ、お楽しみください。

 

20180325ねじ

 

 

 

 

 

あわせて読みたい
終わらない仕事 【終わらない仕事】 私………な……… ...

https://ath.tokyo/blog/i-will-be-by-my-side/

https://ath.tokyo/blog/brand-new/

 

 

error: Content is protected !!
テキストのコピーはできません。