アスカガ感謝祭

Pure Sweet

Sponsored Link




にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 

このお話しが楽しめたら、【】をクリックしていただけると、次回のお話しへのやる気に繋がります。

 

 

【Pure Sweet】

 

 

 

 

 

 

 

 

『お前の5分ってどんだけなんだ!!!』

 

椅子の背もたれをギシギシ鳴らしながら、コピー機から印刷物が排出されているのを待つ青年に軽口を叩いていた。
軽口を言う青年は、鞄に持ち物を詰め………もう、コート着れば出かけられる状態。

 

『ごめんごめん………話ながら作業しちゃってさ』

 

そう………柔らかい口調で返事をする彼は、悪気のなさそうな表情を浮かべる。

 

『早くしろよ~………』

 

椅子の青年は、再び前のめりでデスクに向き合い、カチカチマウスを動かす。
暇を持て余し、目的なしのネットサーフィンに繰り出しているのだ。
私はクスクス笑いながら、声をかけた。

 

『何かいいニュースある?』

『いいニュース?』

 

PCモニターから目を離さずに彼は答える。

 

『とりあえず………雪がちらついているけど、電車の遅れはない』

『了解』

 

私は立ち上がり伸びをする。

 

『………送別会………いつ?アスカくん?』

『………あぁ………』

 

デスクに肘を付き頭をのせたシン・アスカ。
あからさまに触れないで欲しいと言う表情をする。

 

『………来月末』

『そう………』

 

私は使っていた湯呑みを手にとった。
私も今日の仕事のノルマは終わらせた。
電車が止まる前に帰らなくちゃ………

 

『あ………アスカくん』

『………なに?』

『たっぷり遊んで帰ってきてね』

 

………同じ電車に乗りたくないから

 

そう、私は笑って言った。

 

『あぁ………大丈夫ですよ』

 

・アスカは、こっちを振り向き、嬉しそうな顔をする。

 

『今日はミーアのところに行くから………なかなか落ちてくれないんすよ』

 

 

………彼女持ちのクセに………

 

キャバ嬢遊びかよ………

 

全く、いくら貢いでいるんだか………

 

 

そんな思考がよぎった頃………

 

『お待たせ、アスカ君』

 

スーツのジャケットも、コートのボタンも止めずに背後から声をかける先ほど軽口を叩かれていた青年。

 

『お前の時間は俺の三倍以上かかってんぞ!!!』

 

赤い瞳ににらまれても………優しく受け流す翠の瞳………

 

『あはは………そう膨れるなよ』

 

笑い合いながら………二人……アスカとザラは会社のエントランスを出ていった。

 

 

.

 

 

私達………シン・アスカと私カガリ・アスハはこの会社に出向していた。
その出向先の正社員で、年齢が近いと言うこともあり、面倒を見てくれていたのがアスラン・ザラだった。
その社員のザラさんが会社を辞めるのだ。

 

『………俺、長男だからさ』

 

そう、哀しげに笑うザラさん。

 

『そろそろ………家、継がなきゃいけなくて………』

 

細かく聞けば、地元の就職先も見つけてきたそうだ。

 

『有給消化しなきゃならないから………2月半ばからは会社休み………だな』

 

年末に聞かされた話。
なのに………今も………

 

悲しみに満たされた心。

 

 

『それ………恋………なんじゃない?』

 

 

昔からの友達と日曜昼下がりのランチタイムに指摘された。

 

『カガリからの珍しいお誘いだったから………
何かあったとは思っていたけど………』

期待通り!!!

と楽しそうに微笑むミリアリアは、唇を三日月に歪めた。

 

『これからバレンタインなんだし………気持ち、伝えちゃえば?』

『………ぁ………でも』

 

 

………付き合って………

 

結婚したら………その、彼の旧家に………

 

 

………』

 

ミリアリアはローストビーフを、皿の上でフォークで器用に丸めながら言い放つ。

 

『そんなの後の話だよ』

 

 

………まずは好きだと伝えること………

 

 

ミリアリアの言うことは正論だ。
とらぬ狸の皮算用なのは十二分にわかっている。
振られるかもしれないのに………先の先を考える私も滑稽だとは思う。

 

『………そう………だよね』

 

私はそっと目を伏せた。

 

 

.

 

 

 

私は昨年と同じように………お世話になったヒト達用に、正社員の女性の方と合算でチョコレートをいくつか買う。

 

『………』

 

私はなんとなく今年流行のナッツ入りの板チョコを買う。

 

………ちょっと………義理チョコには高め………

 

でも………気持ちを伝える道具としては………安め………

 

『………板チョコ、買うんだ、友チョコ?』

 

正社員のアビーが混み合うチョコレート販売フロアにも関わらず、柔らかく微笑む。

 

『え………ぁ………じ、自分用………です』

『私達もご褒美必要だもんね。私も、これ………自分用!!!』

 

 

………自分自身への嘘………

 

 

痛くて………苦くて………

 

 

甘い香が溢れるフロアなのに………

 

 

口の中は、99.9%カカオチョコレートを食べた苦味が広がる。

 

 

………お願い、神様………

残りの0.1%………

 

 

………甘い願いを夢見ていいでしょうか

 

 

.

 

 

 

当日のバレンタインデイ………

 

『アスハさん………俺にはぁ?』

 

相変わらず椅子を軋ませながら、アスカくんはおねだりする。
既に………何人からも義理チョコをもらっているにも関わらず。

 

『来年も一緒に頑張ろうね』

 

会社の雛壇の方々にチョコレートを配り終えた私は、同じ出向会社のアスカくんにチョコレートを手渡す。

 

『………でけぇ』

 

先日、自分用とアビーに偽った板チョコの中の一枚。

 

『………相変わらず、盛況だな、アスカ君』

『当たり前っすよ!!!ほら、俺って優しいから!!!』

『じゃ………優しいシン・アスカ君に………』

 

ザラさんはバインダーに挟まった書類を数冊渡す。

 

『お前、そんな書類じゃ稟議通らないって………』

『えぇ!!!だって見積付けた………あ”………』

『なんで税抜き金額書くんだよ、バカだなぁ………』

 

くすくす笑いながら………ザラさんは立ち去る。
そんな彼の声を………私はどきどきしながら聞いていた。

 

『………アスハ』

 

急に呼び掛けられたので、思わず顔に緊張が走る。

 

『な………何?アスカくん?』

 

更にどきどきしながら声のした方に振り替える。

 

『俺、出かけなきゃならないんだ………客アポ!!!』

 

ザラさんが置いていった書類がそのまま私にスライドし………

 

『え………あの、アスカ…くん………』

『俺さ、ナッツ入りはザクザクハートチョコしか食わないの!!!』

 

コートを着だしたシンは、私の隣に来て小さな声で言う。

 

『渡す相手、間違えるとチョコも可哀相だぜ?』

 

鞄を持ち、私の肩をポンと叩く。

 

『ザラぁ!!!俺、出かけるから、アスハに頼んだから宜しく!!!』

『あ?!………あぁ………』

 

机の谷間から、アスランの声が………小さく、でもはっきりと聞こえた。

 

 

.

 

 

 

『済まなかったね………』

『いえ』

『………俺がいなくなった時に困るから………躾のつもりで返したのに………あのバカ』

『………』

 

私は………バインダーの束を持ち運んだ。

 

『………そこの打ち合わせスペースで、書類確認させてもらっていい?』

………机の上………ぐちゃぐちゃで………

 

苦笑するザラさんの後ろを、私は笑って歩いた。
でも………引きつっていたと思う。
こんな日に………個室に近いブース………
バインダーの間に挟んでしまったチョコレート………

 

『あぁ………持たせたままで済まないね』

 

事務椅子を動かして奥に座るザラさん。
そして、その隣に座るように促され………
今の私には………心臓に悪い位置………
書類とザラさんとの距離は縮まるけど………
今日に限っては………距離をとりたい。
黙ったまま………バインダーの束を机に置いた。
上から一冊ずつ………内容確認と数値確認をする。
シャーペンの芯が、数値の隣で軽くステップする。
右から左へ………移動する手が止まった。

 

『………』

『………』

 

私は深く俯いた。
小さなコトンと言う音が………遠くに聞こえ………

 

………ポキッ

 

 

『………ッ』

 

慌ててシャーペンをノックする音。

 

『………芯がきれた』

 

そう呟く彼は、立ち上がった。

 

 

.

 

 

 

ザラさんが再び………席に戻るまで………
私には長い時間に感じた。
顔を上げずに座っていた。
やがて席に着いた彼は、リズミカルな音を書類に奏でていた。

 

『終わったよ、アスハさん』

『ぁ………ありがとうございます』

 

私は立ち上がり即座に頭を下げた。
板チョコに話題を触れられることもなく………そんな彼に安心して、私は逃げるように立ち上がり………

 

『………ッ待って』

 

ガタンと言う椅子の音と共に、立ち上がったザラさんは、私の手に小さく畳んだ紙を握らせた。

 

 

.

 

 

 

『おい!!!お前、また俺の三倍以上遅いスピードで口説いたのか!!!』

『………ちげぇよ』

 

バレンタインデイの翌日………
昼御飯にシン・アスカはアスラン・ザラを捕まえ外食に連れ出した。

 

『仕事終わって待ち合わせして………』

『………はぁ!?』

………やっぱり、三倍遅ぇ………

 

アスカは豚カツを箸で摘みソースにくぐらせる。

 

『その場でコクれよ………』

『バカ!!!勤務中にできるかよ!?』

『………』

 

豚カツを口に入れ、もぐもぐさせながら、アスカは再び尋ねる。

 

『で………?』

『………で』

 

瞬時に顔を紅くしたザラは、口の中の豚カツを飲み込んだ。

 

『キモチ伝えて………』

『で………?』

 

眉を寄せるザラ。

 

『………ったよ』

『きっこえないなぁ………お兄さん!!!』

『!!!』

 

味噌汁椀を口につけながら………ザラは再度ぼそっと言った。
………耳まで紅に染めながら………

 

 

………家に持ち帰って………朝まで一緒にいたよ………

 

 

『………それごとき言うのに………お前の時間は俺の三倍以上かかってんぞ!!!』

『うるさい!!!せっかちだからお前はミーア口説けないんだろうが!!!』

『うっせ!!!俺は遊びだからいいんだよ!!!彼女いんし!!!フリーの癖に、ミーア口説き落とせてないくせに!!!だいたい好きな女にアタックされて返事なんて情けねぇな!!!』

『!!!俺は彼女の立場を考えてだなぁ………』

 

 

昼時間中………・ザラの顔から熱が覚めることはなかった。

 

 

20110203-218【Pure Sweet】
2011年イベントフリー配布第一弾2月用

 

 

………で?

 

 

………なんだよ………

 

 

お前、どんなキスしたんだよ

 

 

………………

 

 

 

 

 

………言えるかよ………バカ

 

 

触れるだけ………思ったよりも柔らかくて………

 

軽くついばむようにキスすれば………

 

 

ダイレクトに緊張感が伝わってくる。

 

 

………そんな………こと

 

 

 

 

 

彼女が男に慣れてなさそうだなんて………言えるかよ

 

 

.

 

 

 

 

【編集後記】

 

main(サイト内分類目次っぽいもの) こちらはガンヲタnejiがお届けする簡単節約とヲタク生活をすすめるサイトとなります。 メインで更新を行うページは呼吸するよ...
心が疲れている方へのアスカガ

絶賛!!告白中!!
学生パロディ。カガリがドーナッツ屋さんで勉強していると声をかけてくる人物が。

 

Black or Whiteシリーズ|かがりinくるーぜ隊シリーズ
各シリーズをまとめたリンク集です。気になるお話は見つかるでしょうか。
刻の中のLANDSCAPE
血のバレンタインが起こった2月14日。プラントを公式訪問するカガリ。

 

 

 

 

女遊びしていないアスラン・・・

シャー芯折るほど緊張する男ってどうなんだよ・・・

色んなところがヘタレ設定でシンには罵られるし・・・

 

カガリがプレゼントしたのはこんな感じのチョコかな。

 

 

■ナッツ入り板チョコ GODIVA

 

 

シンが好きなのはこっち。

結構な甘さのミルクチョコレート。

お子様風味満載ですね。

 

■ピーナッツ入りハートチョコレート 不二家

 

 

20180405ねじ

 

終わらない仕事 【終わらない仕事】 私………な……… ...

https://ath.tokyo/blog/i-will-be-by-my-side/

https://ath.tokyo/blog/brand-new/

 

 

節約したい!ヲタクが始めた節約レシピ

病院に通う時間と薬代節約!長引く風邪とおさらばしたい!体力低下の前に食事で対策できる?

治らない風邪を後押しする、食事から風邪菌を追い出す方法。

30代男子
30代男子
喉が痛くてなかなか治せない。。そんな時におススメなんだ。
早く体調がよくなれば、何度も通院しなくて済むし、薬代もかからない。
時間の節約と、お金の節約の一挙両得。

最大の節約は所得税控除内で働くこと。実は在宅でもできる控除ないでできる複業リスト。

おすすめの複業って何?主婦が扶養範囲内でできる仕事をリストアップ!
子どもの行事や家族の通院の付き添い・・・やることがいっぱいで仕事なんてできない!それに時間がないから節約のための買い物もおろそかだわ!そんな悩みを持つ方におすすめです。

いつまで経っても節約できない。そんな悩みを持つ方へ、まずは掃除から始めませんか?

節約体質にするには、まずは部屋の掃除から。あなたの部屋は汚部屋?
お金の節約も必要ですが、まずは部屋の掃除から。ハサミなどの同じ文房具が10本以上出て来たら、あなたが買いすぎということですね。先ずは買いすぎない節約を考えましょう。




このお話しが楽しめたら、【】をクリックしていただけると、次回のお話しへのやる気に繋がります。

同じカテゴリーの記事を見てみる。



節約したい!ヲタクが始めた節約レシピ

まだ買っていないの?平成最後のおせちは【買う】が得!

年末年始は忙しい。まだおせちの材料買い回りで消費しているの?
平成最後のお正月。豪華にしたいといっても海老やカニ、ローストビーフも揃えちゃう?さらにおせち料理は手作り?そんなに時間かけて手間暇かけて、HP消費するなら買っちゃえば?時間節約と材料が余る・・・それって大きな節約事項ですよ!

病院に通う時間と薬代節約!長引く風邪とおさらばしたい!体力低下の前に食事で対策できる?

治らない風邪を後押しする、食事から風邪菌を追い出す方法。⇒

30代男子
30代男子

喉が痛くてなかなか治せない。。そんな時におススメなんだ。
早く体調がよくなれば、何度も通院しなくて済むし、薬代もかからない。
時間の節約と、お金の節約の一挙両得。

最大の節約は所得税控除内で働くこと。実は在宅でもできる控除ないでできる複業リスト。

おすすめの複業って何?主婦が扶養範囲内でできる仕事をリストアップ!⇒
子どもの行事や家族の通院の付き添い・・・やることがいっぱいで仕事なんてできない!それに時間がないから節約のための買い物もおろそかだわ!そんな悩みを持つ方におすすめです。

いつまで経っても節約できない。そんな悩みを持つ方へ、まずは掃除から始めませんか?

節約体質にするには、まずは部屋の掃除から。あなたの部屋は汚部屋?⇒
お金の節約も必要ですが、まずは部屋の掃除から。ハサミなどの同じ文房具が10本以上出て来たら、あなたが買いすぎということですね。先ずは買いすぎない節約を考えましょう。

テキストのコピーはできません。