2次小説

boothにて【donation20180709】100円分は平成30年西日本豪雨へ寄付。始めました。

【donation20180709】100円分は平成30年西日本豪雨へ寄付を始めました。
200円で2018年書き下ろし5作品を購入していただきます。
そのうちの100円分は後日平成30年西日本豪雨へ寄付させていただきます。

 




 

小さなことのひとつですが、自分は何もできないと後悔していたくない。
特に今回は高速道路などのインフラ関係のダメージが大きいようです。

運送が止まってしまったら、一般の生活だけでなく、事業系のダメージも大きくなります。
早期回復を祈るため、立ち上げました。

ご賛同いただける方、是非寄付をお願いします。

※2018年8月8日より、BOOTHでの商品購入時に、楽天ペイが利用できるようになりました。
すなわち、楽天スーパーポイントでも購入できるってことですね。
詳しくはboothのお知らせ欄をご覧ください。

購入者がいなかった場合も含め、毎月寄付金額をお伝えしていきます。
※寄付期間はこのサイトが続くまでを目安とします。
※少額の場合もしくは購入寄付がまったくない場合は、個人的に楽天ポイント他から毎月100円ずつ寄付します。

DL作品見本

『やぁ・・・アスラン』

3年前のあの日、桜の並木の中で渡した鳥型のマイクロロボットが彼の肩で首をかしげていた。

オーブ軍に銃口を向けられたアスランに対して”彼は敵ではない”と言い放った強い口調とは異なる柔らかい口調に、翠色の瞳を一瞬曇らせた彼はどう口を開けば良いのか戸惑っていた。

こんなギャラリーの前で何を言えばいいのだ?
なんで・・・なんで・・・フリーダムを奪った?
そして今まで何をしていた?
アスランにとっては聞きたいことはたくさんある。

軍から命じられた内容はフリーダムの奪取、並びに関わった人間、施設の排除。

お前の行動した軌跡分、俺は殺戮の・・・

アスランは握った拳に力が入ったその時、走ってくる足音に正面に立つキラも共に音のする方に振り返る。

『この・・・馬鹿野郎!!!』

飛びついてきたボロンボロン涙を流す少女の姿に親友は見慣れた顔を俺に向け・・・

俺もその顔と共に思い出した・・・出逢った頃のあのフレーズを。

【nostalgic phrase】より

 

寄付受けました。ありがとうございます。

 

寄付していただいた方、ありがとうございます。
2000円以上の寄付になりますと、寄付受けましたという証書が発行されます。
せっかく受けた寄付ですから、証書発行の2000円以上になりましたら、公的機関へ寄付させていただきます。

2018年度の寄付金額

2018年12月末まで販売予定

  • 販売形式:DL方式(1回DL購入に付、)
  • 販売期間:2018年7月9日から12月末
  • 作品一覧:
    ①【nostalgic phrase】pixiv掲載(現在未公開)pdf6頁
    ②【The world gets misty】pixiv掲載(現在未公開)pdf7頁
    ③【同僚だったからできること】ブログサイト掲載(現在未公開)pdf8頁
    ④【元恋人だからわかる嫌な癖】ブログサイト掲載(現在未公開)pdf13頁
    ⑤【笑って頷く君の背中に花束を贈ろう】ブログサイト掲載(現在未公開)pdf9頁

※寄付していただいた方々の想いを含め、2019年1月から12月の1年間は非公開とします。
その間にこのブログサイトが閉鎖となる可能性もあります。

寄付受付日寄付金額
2018年7月10日100円
2018年7月12日100円
合計金額200円

 

読者寄付しました。あなたも寄付をしてみたら?

 

一般の方が書いた記事を購入して一部募金というスタイル。
自分はいくつか今回寄付させていただいています。
備忘録含め、記載しておきます。

 

寄付受付日目録/寄付金額
2018年7月10日購入金30%:平成30年7月豪雨への義援金/500円(実質150円)
2018年7月10日大雨被害支援note/100円
2018年7月25日被災地支援(1,000円―全額寄附します)/2,000円(boost追加1,000円含む)
合計金額2,250円

 

同じカテゴリーの記事を見てみる。



 

error: Content is protected !!
テキストのコピーはできません。